STEP BY STEP☆ARASHI

ガツーン!!
<< 大ちゃんラジオ 夏休み | main | 見知らぬ乗客 8/9 18:00公演 後編 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - | -
見知らぬ乗客 8/9 18:00公演 前編
『見知らぬ乗客』 in 東京グローブ座

8/9 18:00公演の模様の内、前編(開演前まで)です。



JUGEMテーマ:ジャニーズ
 

午後5時頃に新大久保から東京グローブ座へ。

ニノちゃんの舞台は初めて…というどころか、グローブ座来るのも初めてだったんで右も左も分からず。

嵐友さんに付いて行ってやっと場所が分かりました〜!!

でっかいニノちゃん(しかも単独)がガッシリと構えておりました
思わず「チャーリー!!」って叫びたくなった私(笑)

電車乗ってる方はご存知かと思われますが、線路沿いの静かな場所にあるんですね〜

入り口前の広場っぽいところも、いろんなモニュメントやら植え込みがあって…
なんだか緑たっぷりだなぁ…癒されます


会場まで30分以上あったので、とりあえずグッズ売り場へ〜


噂によるとパンフレット以外に二宮様のポストカードが売ってるとか。


ウキウキのまま奥の細道を(?)通って売り場のお姉さんのところまで行くと…

「ポストカードは売り切れました〜」

え…えぇ〜!?ジャニショに売ってて会場に売ってないんすか!?
こりゃ〜参ったな、どうしよっか(そして次の日の原宿's FIGHTに)


パンフだけでも買えて、やはりウキウキです♪
鑑賞記念にニノちゃんの看板やポスターをパシャリ


無事入場を済ませ、人ごみを掻き分けながら3階席へ。


確か、グローブ座は700人収容だったはず
嵐の何万人もの規模である会場よりかはかなり狭いですよね。

…にしても、

近〜っ!!

3階席(A席)なのに、かなり近いです。
FCで当選した1階席の1番前の人はどうなるんだっていう話ですよ
しかも上の方の席となると、セットの裏側や床にされているテープマーク、さらにはセットの上もよく見えるのである意味穴場でした。

パンフレットを読みながら本番を待ちます…


☆パンフレット

黒地の表紙で、文字が虹色に輝いていてかなり私好みでございます。

内容は出演者のインタビューが中心

ニノちゃんはモノクロ系の服でキメてるのがほとんど…ですが、二宮さんのインタビューのページの写真、これがたまらなくいい!!

鏡に映るチャールズ・ブルーノ(ニノちゃん)…

鏡に映っているチャーリーは何かを嘲笑うかのごとく笑っていますが、鏡の前にいる本当のチャーリーは真っ直ぐ鏡を見つめています。

これはなんだか、チャーリーのキャラクターそのもの表しているのかな〜なんて思います。


ってか秋吉さんセクスィ〜(笑)
見事な『曲線美』って感じですかね!!
こんな女性になりたい…


内田さんも、チャーリーによってどんどん壊れていく役ですけど…
こういうサスペンスが似合いそうな風格ですよね。

って、内田さんって『安宅家の人々』に出ていらっしゃったんですね!!
どうりで〜(笑)
家にニノちゃんのポスター飾って眺めていたという内田さんの努力にカンパイ!!


最後辺りのページでチャーリーと思しき人が銃を持って倒れていますけど…
これってもしかしてラストの続きと見ていいんでしょうか!?

うぅ〜よく出来たパンフですなぁ〜


前フリ長くなりましたが、いよいよ本番です!!



〜あらすじ〜

全体的なこととして言えるのが、二宮さん壊れてます。狂ってます。お酒飲んじゃってます。

普段ドラマで見る普通な、でもちょっと問題抱えてる幸薄〜い感じの青年の影は全くありません。
この"チャールズ・ブルーノ"という青年は、資産家の父親とかつてショービジネスで活躍していた母親エルシー・ブルーノ(秋吉さん)から生まれ、酒と博打に溺れていつまでも母親に甘えているというかなり享楽的な性格なんです。
さらに、自分のことを認めてくれない父親の名前を出すと一気に豹変する狂気な性格も持っています。

今回この舞台では観客含めみんながチャーリーに翻弄され、そして最後は自らも翻弄されてしまうのです。


電車に乗り延々と旅をするブルーノ親子。

その同じ電車にたまたま居合わせたガイ(内田さん)とチャーリーは意気投合。
チャーリー専用の客室へと案内され、そこでガイに無理矢理ある計画を企てます。

その計画というのはお互い恨みを持っている者どうしを殺して、あくまでもチャーリーたちは『ただの見知らぬ乗客』だったということにすればいいというもの。

すぐにチャーリーはガイの妻を絞殺したものの、ガイは自らの仕事での成功もあってなかなか実行に移せず。
そんなガイにチャーリーは憤慨し、さまざまな手口を使ってガイに迫りますが…


結局はその途中でボロが出てしまい、自分を追い込んで最後には誤って銃殺されてしまいました。

あれだけ金銭的にも余裕があり、自分を親という立場以上に愛してくれる母親もいる…

しかし最後には母親は父親のことを想っていて、お金や脅しでは決して埋めることの出来ない寂しさだけが残ってしまったようです。


…といった感じです。


長くなったので、舞台の様子は後編へ〜!!

| ミルク | 見知らぬ乗客 | 17:33 | comments(2) | trackbacks(0) | -
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 17:33 | - | - | -
ミルクさん、こんにのです(.゜ー゜)

「見知らぬ乗客」レポありがとうございます!本当に感謝カンゲキ雨嵐です(≧∇≦)★
原作とはだいぶ違うみたいですね…そちらの方がわかりやすくていいです!

後編も楽しみにしています(^ω^)
| 涼 | 2009/08/12 5:53 PM |

涼さん☆

こんにのです〜(.゜ー゜)

実は原作も映画も見ないまま行ったので、完全に舞台がお初という形なんですf^_^;
レポ…読みにくいと思いますがよかったら読んでやって下さい(笑)

ニノには本当に圧倒されました!!

いつかドロドロしたドラマにも出て欲しいなぁ〜(´∪`)
※あくまで個人的な希望です(笑)
| ミルク | 2009/08/14 12:47 PM |










http://arashi-005sk.jugem.jp/trackback/437
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

このページの先頭へ